イタチの捕獲は重要です|被害が拡大する前に

現場作業員

ニオイの被害

散布作業者

イタチは日本の広い範囲に生息しています。その生息は山間部のみならず都心部にも広がっています。なので、都心に住まわれているという方も油断してはいけません。もし目撃したら、すぐに捕獲業者に依頼する事が大事です。もし都心部で繁殖をしてしまい、その数を増やしてしまうとその被害はどんどん拡大していきます。イタチによる被害は、家畜を食べるといったものや、農作物を食い荒らすといったものに留まりません。屋根裏に侵入してネズミやコウモリ等を捕獲して食べるイタチは、人間の穏やかな生活も脅かす事になります。夜な夜な聞こえるイタチの走り周る音に安心して眠る事は困難になるでしょう。また、イタチは様々な病原菌や寄生虫を身体で飼っています。その寄生虫や病原菌が万が一人間の体内に入ると様々な病気の原因にもなってしまうでしょう。そのため、イタチが可愛いから捕獲なんて出来ないと甘い事は言っていられません。被害が広がる前にすぐに捕獲業者に連絡しましょう。また、イタチの身体には多くのノミやダニが生息しています。こういったノミやダニが住居に侵入して、人間の寝床で繁殖するという被害も多く起こっています。なので、放ったらかしにしておくと自身や家族にもその被害がもたらされる事に繋がるのです。その他にも、野生のイタチはキツイ獣臭がする事でも知られています。その獣臭によって、家の中まで鼻が曲がるようなニオイに悩まされる事になってしまうでしょう。